白揚社トップ > 書籍案内 > ぼくとガモフと遺伝情報

定価 本体 2900円(税別)
四六判 上製 ・408ページ
2004年 4月 刊
ISBNコード:978-4-8269-0117-8
分類コード:C0040
Genes, Girls, and Gamow by James. D. Watson

ぼくとガモフと遺伝情報 ワトソン博士が語るDNAパラダイム誕生の舞台裏

ジェイムズ・D・ワトソン 著 大貫昌子 訳

DNA二重らせん構造の発見を受けて迎えた分子生物学の激動期。その中心にいたワトソンが熾烈な研究競争の舞台裏を赤裸々に描き出す! DNA構造の共同発見者クリック、大化学者ポーリング、かの有名なファインマン、そしてビッグバン理論の提唱者にして大酒呑みのガモフといった科学の巨人たちの素顔、同僚とともにたくらんだイタズラの数々、理想の妻を求めて奮闘する日々……正直ジムの異名をとる著者ならではの面白すぎる回想録!

目次

推薦のことば
はじめに

プロローグ


二重らせん発見の顛末
コヴェントガーデンでデート
恋に落ちる
ガモフからきたヘンな手紙
カルテクのタンパク質学会
女の子がいない!


いたずら者のガモフに会う
ファインマン夫妻との夕べ
RNAタイクラブ
あわやマリエットと……
大陸横断の旅
ガモフと偽の招待状
コテージの大パーティ
メーヴス事件
化学を学び直すか?
RNA製造「三つ組」方式
募る焦り
求職セミナー


タバコモザイクウイルスのRNA
アミノ酸のアダプター仮説
相も変わらずポーリング兄妹は……
ブロンド美人とアルプス登山
クリスタとの旅
ジャガイモ・ウイルスX
ガモフの手紙に真っ青
絶望


パーティは大成功
ピーターついに万事休す
リンダの受難
らせんのX線回折像が見えた
悪い知らせ

エピローグ そしてついに……

謝辞
登場人物
訳者あとがき
ジョージ・ガモフ・メモラビリア

関連書籍