白揚社トップ > 書籍案内 > 伝統を今のかたちに

新刊

定価 本体 1200円(税別)
B6変型判 並製 ・272ページ
2017年 8月 10日 刊
ISBNコード:978-4-8269-2102-2
分類コード:C0252

伝統を今のかたちに 都市と地域再生の切り札!

後藤治/オフィスビルディング研究所「歴史的建造物活用保存制度研究会」 著

目次

プロローグ 「人気の観光地」川越と「印象の薄い」土浦:歴史ある町が進んだ別々の道

 

第一部 歴史的建造物が地域を活性化する

第一章 地域の方針(ビジョン)が町の未来を大きく左右する

第二章 地域再生の切り札としての観光と歴史的建造物

第三章 歴史的建造物はリノベーションで蘇る

第四章 既存の制度の枠を広げれば多くの建物が守られる

 

第二部 歴史的建造物を活かすための具体策

第五章 歴史的建造物を活かすために建築家たちができること

第六章 「復原」あるいは「復元」という行為について:ホンモノとニセモノの分かれ道

第七章 歴史的建造物保護制度の現状と今後の方向性

第八章 歴史的建造物の税制について

第九章 歴史的建造物保護の海外事例:ナショナル・トラストとブルー・プラク・スキーム

第十章 歴史的建造物保護の法的手段:未利用容積移転から公共貢献へ

 

エピローグ 都市の記憶を失う前に私たちは何をすべきか

 

特別寄稿  「伝統を今のかたちに」の発想で地域の個性を活かした魅力ある日本に

写真コラム 「ホンモノ」の町並みとは何か

コラム① 新宿ゴールデン街という魅力的なコンテンツ

コラム② リノベーションと建築規則

コラム③ 「ファサード保存」はもうやめよう

コラム④ 「文化財」も「建築」である

コラム⑤ 中国をフェイク大国と笑えるほど日本人は本物志向か?

コラム⑥ 建物の保存に経済合理性が導入された日

コラム⑦ ヨーロッパと日本、歴史的建造物保護の事情

著者紹介

後藤治/オフィスビルディング研究所「歴史的建造物活用保存制度研究会」

後藤 治(ごとう・おさむ)

工学院大学教授、理事長。

1960年東京生まれ。東京大学大学院工学系研究科建築学専攻博士課程中退。文化庁文化財保護部建造物課文部技官・同文化財調査官を経て、工学院大学に勤務。2017年より現職。博士(工学)、一級建築士。専門は日本建築史および歴史的建造物の保存修復。

 

株式会社オフィスビルディング研究所

「歴史的建造物活用保存制度研究会」、「土地はだれのものか?出版研究会」などを主宰。都市景観・不動産法制度・オフィスビルに関連する研究・提言活動を行うシンクタンク。

関連書籍