白揚社トップ > 書籍案内 > 動物行動の観察入門

定価 本体 3600円(税別)
A5判 上製 ・224ページ
2015年 9月 28日 刊
ISBNコード:978-4-8269-0183-3
分類コード:C3045
Obsering Animal Behaviour by Marian Stamp Dawkins

動物行動の観察入門 計画から解析まで

マリアン・S・ドーキンス 著 黒沢令子 訳

動物行動学の第一人者による待望の入門書。

集めたデータがムダにならない、適切な観察方法とは?
さまざまな事例を盛り込みながら、観察計画や仮説の立て方、サンプリングの方法、実際に観察する際のノウハウから、統計を用いる簡単なデータ解析の方法まで、系統的な観察研究のポイントを具体的に解説します。
動物福祉の観点から、動物に負担をかけない研究の重要性が高まっている現在、行動研究に携わるすべての人に必携の書。

目次

はじめに
第1章 観察の有用性
第2章 適切な問いかけ
第3章 1例の観察で十分な場合
第4章 観察計画の3原則
第5章 観察項目の絞り込み
第6章 実施計画書の作成
第7章 農場や動物園、野生下で観察する
第8章 観察結果の解析
第9章 観察を深める
第10章 観察の未来を展望する
付録1 乱数表
付録2 検出力とサンプルサイズ
付録3 ビューフォート風力階級
訳者あとがき
参考文献
索引

著者紹介

マリアン・S・ドーキンス

オックスフォード大学で動物行動学を学び、1998 年より同大学動物行動学教授。2009 年に動物行動学の業績によりニコ・ティンバーゲンメダル、2014 年に動物福祉の業績により英帝国勲爵士(CBE)を受賞している。主な研究分野は動物福祉、動物の意識、群れの同時性など。邦訳書に『動物たちの心の世界』(青土社)、『動物行動学・再考』(平凡社)がある。

翻訳者紹介

黒沢令子

鳥類生態学研究者、翻訳者。米国コネチカットカレッジで動物学修士、北海道大学で地球環境学博士を取得。現在はNPO 法人バードリサーチの研究員の傍ら、翻訳に携わる。主な訳書に『羽』『岩は嘘をつかない』(白揚社)、『フィンチの嘴』(共訳、早川書房)、『鳥の起源と進化』
(平凡社)、『極楽鳥全種』(日経ナショナル ジオグラフィック社)などがある。

書評情報

綴葉 2015年11月号

野鳥 2016年1月号

私たちの自然 2016年3/4号

関連書籍