白揚社トップ > 書籍案内 > コーヒーの真実

定価 本体 3500円(税別)
A5判 上製 ・328ページ
2007年 5月 20日 刊
ISBNコード:978-4-8269-9041-7
分類コード:C0022
COFFEE: A DARK HISTORY by Antony Wild

コーヒーの真実 世界中を虜にした嗜好品の歴史と現在

アントニー・ワイルド 著 三角和代 訳

現在、コーヒー産業で生活を支える人の数は世界で1億2500万人に昇ると言われます。そもそもエチオピア原産とされるこの小さな豆が、民主主義や秘密結社を生み出し、植民地帝国主義の原動力となり、大航海時代から、グローバリゼーションの現代にいたるまで、世界の歴史を動かしてきました。また、コーヒーの歴史は世界的な覇権争いの歴史でもあります。今、この世界で何が起きているのか、あなたが飲む一杯のコーヒーの背後に見え隠れする人類の過去・現在・未来を読む一冊です。
★2007年5月27日付日本経済新聞・2007年6月3日付朝日新聞・毎日新聞・2007年7月8日付信濃毎日新聞書評欄で紹介されました★
3刷出来!

目次

目次
はじめに プロローグ
1.わたしたちとコーヒー
2.コーヒー文化の誕生
3.中国の茶、トルコのコーヒー、そしてウィーンのカフェ
4.種子をめぐる攻防戦
5.近代社会はコーヒー・ハウスから
6.モカの凋落
7.奴隷制とコーヒー植民地
8.ナポレオンの大陸封鎖と代用コーヒー
9.コーヒーの要衝セントヘレナ
10.ブラジルはいかにしてコーヒー王国になったか
11.大博覧会の水晶宮で
12.コーヒー商人アルチュール・ランボー
13.コーヒーの現在
14.コーヒー、科学、マーケティング
15.陰謀と策略
16.フェアトレード
17.エスプレッソ
18.ベトナム、そして闇の奥
結び 補遺 訳者あとがき 著訳者紹介

書評情報

日本経済新聞 2007年5月27日

朝日新聞・毎日新聞 2007年6月3日

信濃毎日新聞 2007年7月8日

関連書籍