白揚社トップ > 書籍案内 > ライズ・オブ・eスポーツ

新刊

定価 2640円(本体 2400円+税10%)
四六判 並製 ・360ページ
2021年 7月 13日 刊
ISBNコード:978-4-8269-0228-1
分類コード:C0034
GOOD LUCK HAVE FUN by Roland Li

ライズ・オブ・eスポーツ ゲーマーの情熱から生まれた巨大ビジネス

ローランド・リー 著 小浜 杳 訳

ゲームはいかにして、「スポーツ」になったのか

 

Amazon、コカ・コーラ、インテルなど世界的大企業が出資し、
4億人が熱狂する一大エンターテインメントとなったeスポーツ。
その起源はゲーマーたちがパソコンを持ち寄り競い合う「オフ会」だった。

弱小チームの大学生リーダー、プロリーグ設立を目指す元銀行員など、
様々な経歴をもつゲーマーたちが、チームの解散、資金難、炎上騒動…困難を乗り越え
一大ブームを巻き起こしていく。

 

新しいビジネスを生み出した革命の物語。

目次

試合前 なぜ、いまビデオゲームなのか
第1章 悪の天才――アレキサンダー・ガーフィールドと北米の台頭
第2章 ソウルの皇帝――ボクサーと『ブルードウォー』
第3章 核ミサイル発射を検知しました――『スタークラフト2』の爆発的人気
第4章 夢のストリーム――Twitch
第5章 挑戦者、現る――『リーグ・オブ・レジェンド』の登場
第6章 アンバランス――女性と人種とゲーム
第7章 勝つために生まれてきた――『DOTA2』が賭け金を上げる
第8章 資金の奔流――eスポーツにふたたび大金が流れこむ
第9章 1800万ドルへの道――ザ・インターナショナル第5回大会
エピローグ
謝辞
訳者あとがき
原註

著者紹介

ローランド・リー

1988年、北京生まれ。 カリフォルニア州オークランド在住のジャーナリスト。

ウォール・ストリート・ジャーナル紙、ニューヨーク・タイムズ紙、ニューヨーク・オブザーバー紙、インタビュー誌などで活躍。医学部進学後、専攻を変えてニューヨーク大学でジャーナリズムと歴史を学ぶ。8年間ニューヨークで暮らしたのち、2015年に西海岸に転居。現在はサンフランシスコ・クロニクル紙で商業不動産の記事を担当している。

1994年の『ウォークラフト』発売以来のゲーマー。『DOTA2』で一番好きなヒーローはヴィセージ。

翻訳者紹介

小浜 杳

横浜生まれ。翻訳家。東京大学英語英米文学科卒。書籍翻訳のほか、映画字幕翻訳も手がける。訳書に『ピーターラビット2』、『サーティーナイン・クルーズ』シリーズ(以上KADOKAWA)、『WILD RIDE(ワイルドライド)―ウーバーを作りあげた狂犬カラニックの成功と失敗の物語』(東洋館出版社)、『超一流が実践する思考法を世界中から集めて一冊にまとめてみた。』(SBクリエイティブ)ほか多数。