白揚社トップ > 書籍案内 > 統計という名のウソ

定価 本体 2600円(税別)
四六判 上製 ・288ページ
2007年 10月 30日 刊
ISBNコード:978-4-8269-0139-0
分類コード:C0041
MORE DAMNED LIES AND STATISTICS by Joel Best

統計という名のウソ 数字の正体,データのたくらみ

ジョエル・ベスト 著 林大 訳

離婚率、平均所得、失業率、大学ランキング、病気のリスクなどのアップデートしたトピックを数多く取り入れながら、「抜け落ちている数字」、「混乱を招く数字」、「恐ろしい数字」、「権威ある数字」、「魔術的な数字」といった、社会問題を議論する際に登場する嘘つきな数字たちを、誰にでもわかるよう平易に解説します。どのようにして論者の都合のいいように統計がつくられるのか? またどうすれば数字に騙されないのか? 目からウロコの統計リテラシー読本です。

目次

1  抜け落ちている数字
2  混乱を招く数字
3  恐ろしい数字
4  権威ある数字
5  魔術的な数字
6  論議を呼ぶ数字
7  統計リテラシーに向けて

著者紹介

ジョエル・ベスト

カリフォルニア大学バークリー校で社会学のph.Dを取得。カリフォルニア州立大学、南イリノイ大学などで教鞭をとり、現在デラウェア大学社会学・刑事司法学部主任教授。著書に『統計はこうしてウソをつく』(白揚社)がある。

序文著者紹介

翻訳家。1967年、千葉県生まれ。東京大学経済学部卒業。訳書にバーリンスキ『史上最大の発明アルゴリズム』(早川書房)、グリーン『エレガントな宇宙』(共訳、草思社)、クロース『自然界の非対称性』(紀伊國屋書店)、サイフェ『異端の数ゼロ』(早川書房)、ダーリング『テレポーテーション』(光文社)、テレシ『失われた発見』、トーマス『黄金の川』(以上、大月書店)などがある。

書評情報

日本経済新聞 2007年11月11日

関連書籍