白揚社トップ > 書籍案内 > ヤーロムの心理療法講義

定価 本体 2800円(税別)
四六判 上製 ・288ページ
2007年 10月 31日 刊
ISBNコード:978-4-8269-9042-4
分類コード:C0011
THE GIFT OF THERAPHY by Irvin Yalom

ヤーロムの心理療法講義 カウンセリングの心を学ぶ85講

アーヴィン・ヤーロム 著 岩田真理 訳

カウンセリングへの興味やニーズが急速に高まってきています。しかしカウンセリングとは何かというその基本的な認識が、セラピストにもクライエントにも共有されていないのが現状です。そんななかで、集団精神療法、実存精神療法の権威ヤーロム博士が、その30余年の経験にもとづき、セラピーの基本的な進め方、ノウハウを惜しげもなく開示してくれました。臨床心理を学ぶ人はもちろん、これからカウンセリングを受けたいと思っている人にも、カウンセリングの心を学ぶために必読の一冊の登場です。

目次

1 成長を阻むものを取り除く
2 診断を避ける—保険会社への申告以外は
3 セラピストと患者は旅の仲間
4 患者と充分関わること
5 支持的であること
6 共感—患者の窓から外を見る
7 共感を教える
8 患者があなたのことを気にするように
9 自分のエラーを認めること
10 患者ごとにセラピーを創造する
11 治療的言葉ではなく治療的行動
12 個人セラピーを受ける
13 セラピストに患者はたくさんいても患者にセラピストは一人
14 「今ーここ」を徹底的に使う
15 なぜ「今ーここ」を使うのか
16 「今ーここ」を使う〜ウサギの耳を生やすこと
17 「今ーここ」と同じものを探す
18 「今ーここ」の問題を扱う
19 「今ーここ」がセラピーを活性化する
20 自分の感情をデータとして使う
21 「今ーここ」のコメントを注意深く言う
22 「今ーここ」のためにはすべてが使える
23 「今ーここ」に毎回チェックインする
24 どんなウソをつきましたか?
25 真っ白なスクリーン?〜そんなこと忘れて現実の存在に
26 セラピストの三種類の自己開示
27 セラピーのメカニズム〜透明に
28 「今ーここ」の感情を明らかに〜慎重に
29 セラピストの個人的生活を開示する〜気をつけて
30 あなたの個人的生活を開示する〜警告
31 セラピストの透明性と普遍性
32 患者はあなたの自己開示に抵抗するだろう
33 歪んだ治療にならないよう
34 あなたの到達点よりもっと先に患者を連れていく
35 患者に助けられる
36 患者に自己開示を勧める
37 精神療法におけるフィードバック
38 効果的に優しくフィードバックするには
39 「部分」を使ってフィードバックを受けいれやすくする
40 フィードバック〜鉄は冷たいうちに打て
41 死について話す
42 死と人生の充実
43 死についてどう話すか
44 人生の意味を語る
45 自由
46 患者が責任を担えるように援助する
47 絶対に(ほぼ絶対に)患者のために決断をしないこと
48 決断〜実存の基盤に至る王道
49 決断への抵抗に焦点を合わせる
50 助言によって自覚を促す
51 決断を促す他の工夫
52 セラピーを切れめのないセッションに
53 セッションごとに記録をつける
54 自己観察を勧めなさい
55 患者が泣くとき
56 患者と患者との間に時間をとる
57 あなたのジレンマをオープンにしなさい
58 家庭を訪問する
59 説明を真面目に取りすぎないこと
60 セラピーを促進する工夫
61 人生のリハーサルとしてのセラピー
62 最初の悩みを活用する
63 患者に触れるのを恐れないように
64 けっして患者と性的関係にならないこと
65 記念日やライフステージにまつわることを捜す
66 「セラピーへの不安」を無視しないこと
67 先生私の不安をなくしてください
68 恋の死刑執行人になる
69 生活史を聞く
70 患者の日課の履歴
71 毎日どんな人と関わっているか
72 「重要な他者」と面接する
73 以前のセラピーを探る
74 暗闇の影を分かち合う
75 フロイトは必ずしも間違っているわけではない
76 認知行動療法は評判ほどではない〜あるいはEVTという脅しを怖がるな
77 夢〜徹底的に利用しなさい
78 夢の完全な解釈〜そんなことどうでもいい
79 夢を実利的に使う〜盗んで役に立てる
80 夢の操縦の仕方をマスターする
81 夢から患者の人生を知る
82 最初の夢に注目すること
83 セラピストが出てくる夢はとくに注意して
84 職業病に気をつけること
85 セラピストとしての恩恵を忘れずに
訳者あとがき

関連書籍