白揚社トップ > 書籍案内 > カフェインの真実

新刊

定価 本体 2500円(税別)
四六判 上製 ・368ページ
2016年 12月 7日 刊
ISBNコード:978-4-8269-869-0193-2
分類コード:C0040
CAFFEINATED by Murray Carpenter

カフェインの真実 賢く利用するために知っておくべきこと

マリー・カーペンター 著 黒沢令子 訳

なぜ毎日コーヒーやエナジードリンクが飲みたくなるのか?

コーヒー、茶、エナジードリンク、清涼飲料、サプリや鎮痛剤など、さまざまな製品に含まれているカフェイン。抜群の覚醒作用やパフォーマンス向上力で大人気ですが、過剰に摂取すると死亡する危険性もあります。

 

カフェインを正しく賢く使うには、どうすればよいのでしょうか? カフェイン製品をこよなく愛する著者が、グアテマラの伝統的なコーヒー農園から中国の合成カフェイン工場まで世界中を駆けめぐり、カフェインの製造法、飲料製品の変遷、薬理効果と副作用による弊害、規制問題など、あらゆる角度からカフェインを調査し、世界を虜にする〈薬物〉の魅力と正体を探ります。

目次

序文 苦くて白い粉

 

Ⅰ 伝統的なカフェイン

第1章 カフェイン文化発祥の地

第2章 中国茶

第3章 山地のコーヒー農園

第4章 うまいコーヒーを創り出す

第5章 カフェインは依存性薬物か?

 

Ⅱ 新世代のカフェイン

第6章 コカ・コーラはレッドブルの先駆けだった

第7章 高温カフェイン注意!

第8章 中国製の白い粉

第9章 スタッカーからサンキストまで

 

Ⅲ カフェインが身体や脳へ及ぼす影響

第10章 アスリート好みの薬物

第11章 兵士のためのカフェイン

第12章 不眠症、不安、パニック

第13章 治療用のカフェイン

 

Ⅳ カフェインの規制

第14章 野獣を解き放つ

第15章 ラベル表示の裏で

第16章 決着

 

謝辞

訳者あとがき

 

著者紹介

マリー・カーペンター

科学ジャーナリスト。モンタナ大学で環境学の修士号、コロラド大学で心理学の学士号を取得。ニューヨークタイムズ、ワイアード、ナショナルジオグラフィックなどの紙誌に執筆するほか、ラジオ番組のレポーターとしても活躍。2015年、「カフェインの刺激」を含むデジタルビデオシリーズでプロフェッショナル・ジャーナリスト協会(SPJ)のシグマ・デルタ・カイ賞を受賞。

翻訳者紹介

黒沢令子

鳥類生態学研究者、翻訳者。米国コネチカットカレッジで動物学修士、北海道大学で地球環境学博士を取得。NPO法人バードリサーチの研究員の傍ら、翻訳に携わる。主な訳書に『羽』『岩は嘘をつかない』『動物行動の観察入門』(以上、白揚社)、『フィンチの嘴』(共訳、早川書房)、『極楽鳥全種』(日経ナショナル ジオグラフィック社)などがある。

書評情報

日本経済新聞 2017年1月8日

関連書籍