白揚社トップ > 書籍案内 > 博士号だけでは不十分!

定価 本体 1800円(税別)
B6判 並製 ・180ページ
2015年 5月 20日 刊
ISBNコード:978-4-8269-0179-6
分類コード:C0040
A PhD Is Not Enough! by Peter J. Feibelman

博士号だけでは不十分! 理系研究者として生き残るために

ピーター・J・ファイベルマン 著 西尾義人 訳

★アメリカの大学生・院生に愛読されてきたロングセラー、いよいよ日本上陸!★

研究だけで本当にいいの?

印象的な論文・口頭発表のコツから、指導教官・研究課題の選び方、研究費の獲り方、面接の受け方まで、一人前の研究者になるための実際的な知恵がつまった決定版サバイバルガイド!

目次

はじめに——この本には何が書かれているのか?

 

1 研究者の卵たち

研究生活を必要以上に苦しいものにしてしまった例、研究者としてのキャリアを台なしにしてしまった例など、研究者の卵たちが実際に経験した逸話を紹介する。

わたしの場合——C教授のありがたい教え/Tの場合——大切なのはタイミング/Bの場合——自分自身を知ろう/Lの場合——博士号もちの技術員/RとFの場合——マネージャーがいる職場/Hの場合——パパとママを喜ばせる/相談相手を見つけよう

 

2 恐竜からのアドバイス

今とはまったく違う環境下で研究者となった人物が、現代の学生に有意義な助言ができる「師」になれるのだろうか?

 

3 指導教官の選び方とポスドクの心構え

次の重要な問いを考える――指導教官は若い人物にすべきか、年齢を重ねた人物にすべきか。スーパースターがいいのか、職人タイプがいいのか。所属する研究室は小規模なグループがいいのか、大規模な「工場」がいいのか。ポスドクの成功とは何かを考え、そこに関心を向けてみる。

どんな人を指導教官に選ぶべきか/傑出した研究者でも、それだけでは十分ではない/スタッフは全体像が見えているか/成功するポスドクになるために/成功の二つの鍵/指導教官の奴隷になってはならない

 

4 口頭発表を行う

聴いている人たちが雇いたい、首にしたくないと思うような口頭発表を用意することについて。および、聴衆が情報を取り込みやすいような発表にすることについて。

研究者、舞台に立つ/イントロダクション(導入部)/演出を考える/聞き手の忍耐力を試さない/スライドの注意点/テクノロジーの落とし穴/サマリー(まとめ)

 

5 論文を書く

優れた論文を書くことがなぜ大切なのかについて。いつ書き上げるべきか、どうやって読者を引き込むのか、どうやって研究成果に注目を集めるのか。

短い論文を数多く書こう/新聞をまねる/たっぷりと書き、容赦なく削る/査読者

 

6 キャリア選択を考える

大学、公的研究機関、民間研究機関のそれぞれのメリットとデメリットを冷徹に比較する。

大学で働くことの長所と短所/助教のコスト/公的研究機関と民間研究機関/給与を比較する

 

7 面接を受ける

採用面接で行われていることについて。および、答えを用意しておいたほうがいい質問。

ディレッタントはお断り/面接官の気持ちを考えよう/練習に勝る近道なし/採用通知を受け取ったら

 

8 研究費を獲得する

研究助成金を獲得しやすいプロポーザルには何が必要なのかについて。いつ、どのように書きはじめるべきなのか。

プロポーザルには何を書くべきか

 

9 研究計画を立てる

研究計画は、自分の能力や置かれている状況によって調整すべきである。たとえば、任期が二年のポスドクであれば、五年かかる研究計画に着手すべきではない。

タイミングがすべて/状況を見極める/技術志向型か、問題志向型か/生き残るためのいくつかの戦略/自分の名前を知ってもらおう/人気分野にご用心

 

10 サバイバル・チェックリスト

翼のフラップが下がっているのを確認する前に離陸をしてはならない。

1 相手の立場になって考えよう/2 優先順位をはっきりさせよう!/3 ノーと言うべきときを知ろう/4 つながりの大切さに気づこう

 

あとがき——成功のための行動主義的アプローチ

訳者あとがき

著者紹介

ピーター・J・ファイベルマン

1942年ニューヨーク市生まれ。カリフォルニア大学サンディエゴ校で博士号(物理学)を取得。CENサクレー(フランス)、イリノイ大学でポスドクとして研究に従事したのち、ストーニー・ブルック大学で3年間教員を務める。現在、サンディア国立研究所シニア研究員。本書 A PhD is not enough! は、1993年に第1版、2011年に増補改訂版が刊行された。

翻訳者紹介

西尾義人

翻訳業。1973年東京生まれ。国際基督教大学語学科卒業。

関連書籍