白揚社トップ > 書籍案内 > 不確実性を飼いならす

近刊

定価 3300円(本体 3000円+税10%)
四六判 上製 ・424ページ
2021年 11月 刊
ISBNコード:978-4-8269-0232-8
分類コード:C0040
在庫状況:近刊
DO DICE PLAY GOD? by Ian Stewart

不確実性を飼いならす 予測不能な世界を読み解く科学

イアン・スチュアート 著 徳田功 訳

不確実な未来を、科学は予測できるのか?

異常気象や地震、コロナウイルスのパンデミック、さらには株価の暴落まで、この世は先の見通せないことばかり。
そんな世界を生き抜くために生み出されたのが、確率論や統計学、カオス理論、量子力学といった〈不確実性を読み解く科学〉だった。

天気予報や世論調査、新薬の臨床試験や株価予測など、いまや現代社会に欠かせない不確実性の科学は、いかにして生まれ、どのように利用されているのか?
科学読み物の名手イアン・スチュアートがわかりやすい語り口で解き明かす決定版。

目次

1 不確実性の六つの世代
2 腸を読む
3 サイコロの役割
4 コイン投げ
5 情報が多すぎる
6 誤謬とパラドックス
7 社会物理学
8 あなたには確信がある?
9 法則と無秩序
10 予測可能性の撤回
11 天気工場
12 医療を統計する
13 金融占い
14 ベイズの脳
15 量子の不確定性
16 サイコロは神を演じるか?
17 不確実性の活用
18 知らないのを知らないこと

著者紹介

イアン・スチュアート

数学者、ウォーリック大学名誉教授、王立協会フェロー。

2017 年にアメリカ数学協会のオイラーブック賞受賞。ポピュラーサイエンスの著者としても有名で、多くがベストセラーになっている。

翻訳者紹介

徳田功

立命館大学理工学部機械工学科教授。

関連書籍