白揚社トップ > 書籍案内 > 新版 神経質の本態と療法

定価 本体 1900円(税別)
四六判 上製 ・288ページ
2004年 12月 6日 刊
ISBNコード:978-4-8269-7136-2
分類コード:C0011

新版 神経質の本態と療法 森田療法を理解する必読の原典

森田正馬 著

日本が世界に誇る神経質・神経症の根本的な治療法を、創始者である森田正馬博士がその理論的基盤から応用に至るまで、豊富な症例を用いて解説した必読の名著が新版で登場。精神医療に携わる方、パニック障害や対人恐怖に代表される社会不安、不潔恐怖など心の問題を抱えて悩んでいる方にとって、その方面の治療に世界でも類を見ない成果を挙げた森田療法を学習し身につけるには、けっして欠かすことのできない一冊。

目次

 

第一編 神経質の本態
第一 緒言
第二 私のヒポコンドリー性基調説
第三 私の精神交互作用説
第四 意識と注意に関する私見
第五 神経質の分類
第六 神経質の原因的関係
第七 神経質の病類位置と精神的変質の分類

 

第二編 神経質の療法
第一 緒言
第二 本療法の原理
第三 一般神経質に対する私の特殊療法
第四 本療法による治療効果
第五 発作性神経症の療法
第六 強迫観念症の療法
第七 説得療法
第八 神経質療法の治験から得る応用方面

 

主要なる参考文献

 

附録
第一 私の神経質療法に成功するまで
第二 催眠術治療の価値
第三 臨場苦悶(臨床講義)

著者紹介

森田正馬

1874年、高知県に生まれる。東京帝国大学医科大学(現東京大学医学部)卒業。慈恵会医科大学教授。神経質症の治療に独自の療法を創始。『神経衰弱と強迫観念の根治法』『神経質の本態と療法』『森田正馬全集』(すべて白揚社)など著書多数。1938年逝去。

関連書籍