白揚社トップ > 書籍案内 > 超心理の世界

定価 本体 1900円(税別)
四六判 上製 ・240ページ
1999年 3月 15日 刊
ISBNコード:978-4-8269-9029-5
分類コード:C0040
О загадочном в психике by В.С.Матвеев

超心理の世界 心の神秘

ヴァレンチン・マトヴェーエフ 著 馬上義太郎 訳

心霊,呪術,夢のお告げにテレパシーなど,超常現象や超能力は存在するのか? 動物の不思議な行動は本能のなせるわざ? うしろから見つめられた人が必ず振り返るのはなぜ? 生理学の成果を駆使して,数々の謎に挑む。

目次

1 意識が生まれるところ
◆脳と感覚
知識はすべて感覚からはじまる/感覚はどのようにして生じるか
◆二つの簡単な心理学的実験
アリストテレスの錯覚/指先の感覚と背中の感覚はどうちがうか?
◆耳の聞こえない人でも音楽を聞くことができるか?
感覚が人によって異なるわけ/手で聞く

 

2 ねむりと仮死状態
◆ねむりとはなにか?
人はなぜねむるのか?/興奮と制止
◆なぜ疲れていなくてもねむくなるのか?
ねむりのための三つの条件/寝つきをよくする法
◆人間は何年もねむり続けることができるか?
18年間のねむり/昏睡の原因

 

3 本能のなぞ
◆大自然の内的ハーモニー
天然の美/なぜ本能は神秘化されるか?
◆うしろから見つめると、人はかならずふりむくか?
これはいったいなんだ?——定位反射/人間は視覚的動物である
◆本能とはなにか?
森の悲劇/本能は無条件反射の複雑な連鎖である
◆鳥はどのようにして道を見つけるか?
渡り鳥と地球磁気/渡り鳥とコリオリの力

 

4 記憶することと考えること
◆動物はどのように調教するか?
犬に数を教えこむ話/条件反射/十字架をこわがった化けネコの話
◆記憶とはなにか?
もし記憶がなくなったら/記憶の生理的基礎/記憶力がよいということは/もし忘れるということがなかったら/記憶はけっして消えない
◆思考とはなにか?
思考と一般化/ことばと思考とはひとつのもの/信号系とはなにか?/第二次信号系/ことばを大切にする

 

5 ねむりと夢のメカニズム
◆夢はなにを語っているか?
ねむりの段階/夢をスタートさせるもの/夢のお告げ/盲人の夢
◆夢遊病とはなにか?
深夜の怪/夢遊病者はなぜ屋根からおちないか
◆催眠と暗示
普通のねむりと催眠/暗示と自己暗示/催眠法の実際/逆説睡眠/暗示による奇跡/だれにでもできる催眠法

 

6 今も生きている迷信
◆祈りと呪文が起こす奇跡
宗教と妖術/水で結核をなおした医者/夢まくらに立ったキリスト
◆予感はなぜ起こり、なぜ的中するのか?
直感と予感/予感の根底にあるもの/自分でつくり出す予感
◆まじないと占い
トランプ占い/大道占い師/巫女ピュティア/大みそかの晩の婿選び占い/想像のたわむれ
◆心霊術、読心術、マシン・ハンド
心霊術とエンゲルス/今も横行している心霊術の実験会/観念運動行為/読心術の原理とその実際/読心術はだれにでもできる/やさしい課題がむずかしい/思考ははたして脳から脳へ伝達されるか?/マシン・ハンド

 

7 脳の科学の未来をのぞく
◆現代科学にも解けないなぞのかずかず
動物の本能のなぞ/動物のことば
◆脳の電気現象
脳波と人間の精神状態/脳生物電流の発信と受信/他人の脳電磁波をキャッチできるか?/脳を操縦する架空実験記

 

訳者あとがき

関連書籍