白揚社トップ > 書籍案内 > 本当の夜をさがして

定価 本体 2600円(税別)
四六判 上製 ・416ページ
2016年 4月 23日 刊
ISBNコード:978-4-8269-9058-5
分類コード:C0036
The End of Night by Paul Bogard

本当の夜をさがして 都市の明かりは私たちから何を奪ったのか

ポール・ボガード 著 上原直子 訳

コンビニ、自動販売機、屋外広告、街灯……過剰な光に蝕まれた都市に暮らし、夜を失った私たちの未来には、何が待ち受けているのか。
広がりゆく〈光害〉の実像を追いながら、私たちが忘れてしまった自然の夜の価値を問い直す。

 

★巻末エッセイ・角幡唯介(ノンフィクション作家・探検家)

目次

はじめに

 

9 星月夜から街灯へ

広がりゆく人工の光/ニューヨーク州の私設天文台長/二枚の絵

 

8 二都物語

ディケンズのロンドン/ノクタンビュル/パリを光で飾った男

 

7 光は目をくらませ、恐怖は目を開かせる

照明と安全/女性の恐れ/恐怖という贈り物

 

6 体、眠り、夢

夜に働く人々/がんと人工光/救急救命室の夜/蔓延する睡眠障害

 

5 暗闇の生態系

照明と闇夜の生き物たち/夜の音、夜の匂い/コウモリのコロニー/ケープコッド

 

4 夜と文化

影と憂うつを讃えよ/静寂について/暗さを知る

 

3 ひとつになろう

夜空を保護する取り組み/星を見る権利/世界最古の望遠鏡

 

2 可能性を示す地図

ファルチの光害地図/変わりつつある世界の照明/ささやかに夜を照らす/ローウェル天文台

 

1 いちばん暗い場所

キャディラック山/二つの国立公園/ただそこにあるもの

 

巻末エッセイ「夜を喪う」——角幡唯介

付録「日本の光害」——IDA東京支部代表・越智信彰

著者紹介

ポール・ボガード

作家。ジェームズ・マディスン大学で、クリエイティブ・ライティングと環境文学を教えている。本書 The End of Nightは、ノーチラス・ブック・アワード銀賞を受賞。ペン/E・O・ウィルソン・リテラリー・サイエンス・ライティング・アワード、シガード・F・オルソン・ネイチャー・ライティング・アワードの最終候補となった。

翻訳者紹介

上原直子

翻訳家。主な訳書にウェルズ『旅する遺伝子』(英治出版)、クレイソンほか『オノ・ヨーコという生き方』(ブルースインターアクションズ)、セッチフィールド『世界一恐ろしい食べ物』(エクスナレッジ)、フィンレイソン『そして最後にヒトが残った』(白揚社)などがある。

書評情報

産経新聞・書評倶楽部 2016年9月24日 多川俊映(興福寺貫首)

岳人 2016年10月号 宮城公博(クライマー)

ダ・ヴィンチ ニュース 2016年9月1日 成田全

読書人 2016年7月22日号 五十嵐太郎(東北大学大学院教授、建築史・建築批評家)

フレグランスジャーナル 2016年7月号

月刊「星ナビ」 2016年8月号 原智子

日経新聞 2016年6月26日 高柳克弘(俳人)

沖縄タイムスほか(共同通信) 2016年6月25日 中野純(体験作家)

読売新聞 2016年6月19日 稲泉連(ノンフィクションライター)

 

関連書籍