白揚社トップ > 書籍案内 > 美の進化

新刊

定価 本体 3400円(税別)
四六判 上製 ・480ページ
2020年 2月 刊
ISBNコード:978-4-8269-0216-8
分類コード:C0045
The Evolution of Beauty by Richard O. Prum

美の進化 性選択は人間と動物をどう変えたか

リチャード・O・プラム 著 黒沢令子 訳

「美のための美」はなぜ進化したのか?

メスが美的感覚をもとに配偶者を選び、オスを改造していく――世界的鳥類学者が、美の進化にまつわるダーウィンの〈危険思想〉をよみがえらせ、刺激的な新説を提唱する。

華麗な鳥の羽から人間の同性愛やオーガズム、性的自律性の進化まで、従来の進化論では説き明かせない美と性の謎に斬り込む野心作。

 

ニューヨークタイムズ紙の「年間ベストブック10冊」(2017年)や、ピュリッツァー賞のファイナリスト(一般ノンフィクション部門、2018年)に選出されるなど、高い評価を受けた話題の書。

 

◆生物学・人類学の世界的権威が絶賛!◆

 

「興味の尽きない魅力的な本。……読者は驚嘆することだろう」

――ジャレド・ダイアモンド(カリフォルニア大学ロサンゼルス校教授、『銃、病原菌、鉄』著者)

 

「きわめて独創的な、必読の書。鳥や人間を含む動物の体と行動に、性選択がどれほど影響を与えたかを教えてくれる」

――ダニエル・E・リーバーマン(ハーバード大学教授、『人体600万年史』著者)

 

「進化について刺激的な新しい見方を提示している」

――フランス・ドゥ・ヴァール(エモリー大学教授、『動物の賢さがわかるほど人間は賢いのか』著者)

 

「美が生命史の核心にあるという魅力的な考えを教えてくれる」

――カール・ジンマー(『進化』著者)

 

「今年私が読んだうちで最も刺激的な本。読者のものの見方をまるっきり変えてしまうだろう」

――マイケル・ポーラン(『欲望の植物史』著者)

目次

第1章 ダーウィンの危険思想──美の進化はニヒリズムか?

第2章 美の生起──セイランの羽はどうしてできたか

第3章 マイコドリの求愛ダンス──行動と系統の生い立ち

第4章 美の革新と退廃──キガタヒメマイコドリの翼歌

第5章 カモのセックス──雌雄の軍拡競争とレイプ

第6章 野獣が生み出した美──ニワシドリのあずまやの謎

第7章 ロマンスよりもブロマンス──レックとオス同士の絆の進化

第8章 ヒトに生じた美──装飾とペニスの謎

第9章 快楽の生起──ヒトと類人猿のオーガズムの進化

第10章 「女の平和」効果──女性の性的自律性と「美による改造」

第11章 同性愛の進化──ヒトの性的選り好みはどう決まるのか

第12章 美による生命観──芸術と優生学を考える

 

著者紹介

リチャード・O・プラム

イェール大学鳥類学教授、イェール・ピーボディ自然史博物館脊椎動物学部門主任学芸員。世界中で鳥類学のフィールドワークを行なう。中国産の獣脚類恐竜の化石を研究し、恐竜の羽と色の発見に貢献した。マッカーサー・フェローやグッゲンハイム・フェローを数々受賞。

翻訳者紹介

黒沢令子

鳥類生態学研究者、翻訳者。地球環境学博士。NPO法人バードリサーチで野外鳥類調査の傍ら、翻訳に携わる。

主な訳書に『羽』、『動物行動の観察入門』、『鳥の卵』(以上、白揚社)、『フィンチの嘴』(共訳、早川書房)、『落葉樹林の進化史』(築地書館)など多数。

関連書籍