白揚社トップ > 書籍案内 > 家畜化という進化

新刊

定価 本体 3500円(税別)
四六判 上製 ・560ページ
2019年 9月 刊
ISBNコード:978-4-8269-0212-0
分類コード:C0034
Domesticated by Richard C. Francis

家畜化という進化 人間はいかに動物を変えたか

リチャード・C・フランシス 著 西尾香苗 訳

ヒトの手で進化が加速する!

 

オオカミをイヌに、イノシシをブタに変えた「家畜化」。人間の作った世界で、動物は野生の祖先からどのように変わったのか?

 

イヌ、ネコ、ブタ、ウシ、ヒツジ、ヤギ、ラクダ、トナカイ、ウマ、モルモット、マウスやラット――家畜化された動物には奇妙な共通点がある。同じ特徴を共有する人間もまた、自分自身を家畜化したのか?

 

家畜化のしくみを解き明かすことで、謎に満ちた人類と動物の進化の過程が見えてくる。進化発生生物学やゲノム解析など最新の科学知見を駆使し、家畜化という壮大な「進化実験」の全貌を読み解く力作。

 

「家畜化とは、動物の生命史における最も重要で魅力的な変化の一つである。このテーマを扱った信頼に足る著作を待ち望んでいたところ、ようやくこの本が登場した。」クリスティン・ケニーリー(ジャーナリスト)

「人と共に暮らす動物、人の胃袋に入る動物の話に興味がある人には必読の書。」BBCフォーカス誌

目次

はじめに

第1章 キツネ

第2章 イヌ

第3章 ネコ

第4章 その他の捕食者

第5章 進化について考えてみよう

第6章 ブタ

第7章 ウシ

第8章 ヒツジとヤギ

第9章 トナカイ

第10 章 ラクダ

第11章 ウマ

第12章 齧歯類

第13章 人間──Ⅰ 進化

第14章 人間──Ⅱ 社会性

第15章 人新世

エピローグ

付録

著者紹介

リチャード・C・フランシス

ニューヨーク州立ストーニーブルック校で神経生物学と行動学の博
士号を取得したのち、カリフォルニア大学バークレー校とスタンフ
ォード大学で進化神経生物学と性的発達の研究をおこなった。現在はサ
イエンス・ライターとして活動している。著書にWhy Men W on’t
Ask for Directions(未訳)、『エピジェネティクス 操られる遺伝子』
(ダイヤモンド社)がある。カリフォルニア在住。

翻訳者紹介

西尾香苗

京都大学理学部(生物系)卒業、同大学院理学研究科修士課程終了、
同博士課程中退。生物系翻訳者。主な訳書に『超人類へ!』(ナム
著、インターシフト)『マインド・ウォーズ』(モレノ著、アスキ
ー・メディアワークス)、『地球博物学大図鑑』(スミソニアン協会
監修、共訳、東京書籍)、『新種の冒険』(ウィーラー&ペナク著、
朝日新聞出版)などがある。ネコ4 匹と暮らす。趣味は生物学(特
に動物学)。

関連書籍