白揚社トップ > 書籍案内 > 菌類の隠れた王国

近刊

定価 2970円(本体 2700円+税10%)
四六判 並製 ・351ページ
2024年 6月 24日 刊
ISBNコード:978-4-8269-0260-1
分類コード:C0045
在庫状況:近刊
The Hidden Kingdom of Fungi by Keith Seifert

菌類の隠れた王国 森・家・人体に広がるミクロのネットワーク

キース・サイファート 著 ロブ・ダン 序文 熊谷玲美 訳

カビ・キノコ・酵母・地衣類…ちっぽけで地味なのに、

地球や文明を動かすほど強力な生き物!

 

面白雑学満載で楽しく読めてためになる、ありそうでなかった菌類の一般向け入門書!

 

 ・キノコを栽培して食料にするアリがいる

 ・2万3000通りの性別をもつキノコがいる

 ・世界一大きな生物は菌類(重量にしてシロナガスクジラ200頭分以上)

 ・森の木々はキノコの菌糸を通して情報伝達している

 ・脳に侵入し甲虫を操るゾンビ菌がいる

 ・たった1種類のカビが原因で北米の栗は絶滅した

 ・ビール酵母とパン酵母は「家畜」菌

 

菌類の分類や生態から、植物や昆虫との共生、農業や発酵など人類との関わり、病原体としての脅威、新素材や新食品開発などの菌類テクノロジーまで、キノコ・カビ・酵母のあらゆるトピック総まくり。

 

:::::::::本書への賛辞:::::::::

「見えていないだけで、菌類はそこら中にいる。森や農地、食べ物や薬の中にも――さらには私たちの家や体にまで。(……)菌類がいかに私たちの暮らしを豊かにし(時折、脅かし)ているかを鮮やかに描いた素晴らしい本」

――ペーター・ヴォールレーベン『樹木たちの知られざる生活』著者

 

「アマチュア菌類学者の参考書として、これ以上の情報源はない。網羅的で正確、それでいて魅惑的な本」

――ユージニア・ボーン『マイコフィリア』著者

目次

イントロダクション ダストの中の多様性

第1章 コロニーの中の生活 菌類の進化

第2章 ともに生きる生物 相利共生から寄生、生物学的侵入まで

第3章 森 木を見て菌を見る

第4章 農業 世界で七番目に古い職業と菌類

第5章 発酵 食品、飲料、堆肥

第6章 秘密のすみか 菌類と屋内環境

第7章 ホロビオント マイコバイオームとヒトの体

第8章 マイコテクノロジー 菌類のある暮らし

第9章 高度一万メートル 菌類と地球の持続可能性

著者紹介

キース・サイファート

カールトン大学教授。40年以上にわたり、五大陸を股にかけ菌類を研究してきた。カナダ農業・農産食料省研究所では長年、農場や森林、食品の中の菌類について、また、屋内のマイコトキシンの抑制、菌類が原因の動植物の病気を研究してきた。International Mycological Associationの会長、Mycologia誌の編集長なども務めた。カナダ、オタワ在住。

序文著者紹介

ロブ・ダン

ノースカロライナ州立大学教授。著書に『家は生態系』『ヒトという種の未来について生物界の法則が教えてくれること』(以上、白揚社)、『世界からバナナがなくなるまえに』(青土社)などがある。アメリカ、ノースカロライナ州ローリー在住。

翻訳者紹介

熊谷玲美

東京大学大学院理学系研究科地球惑星科学専攻修士課程修了。訳書にハリー・クリフ『物質は何からできているのか』、エリック・アスフォーグ『地球に月が2つあったころ』(以上、柏書房)、エマ・チャップマン『ファーストスター』(河出書房新社)、デイビッド・バリー『動物たちのナビゲーションの謎を解く』(インターシフト)、アリ・S・カーン他『疾病捜査官』(みすず書房)、サラ・パーカック『宇宙考古学の冒険』(光文社)など多数。

 

関連書籍