白揚社トップ > 書籍案内 > ロボット学者、植物に学ぶ

新刊

定価 2860円(本体 2600円+税10%)
四六判 上製 ・240ページ
2021年 7月 刊
ISBNコード:978-4-8269-0229-8
分類コード:C0040
LA NATURA GENIALE by Barbara Mazzolai

ロボット学者、植物に学ぶ 自然に秘められた未来のテクノロジー

バルバラ・マッツォライ 著 久保耕司 訳

自然は天才だ!
自然界に学ぶ、人間の想像を超えたものづくりとは?
世界初の成長する植物ロボット〈プラントイド〉を開発した科学者が明かす〝生物学×テクノロジー〟の驚きのコラボレーション。

 

生物からヒントを得て新技術を開発するバイオミメティクス。
動物をモデルに画期的なロボットがいくつも作られてきたが、著者らのチームがモデルにしたのは「植物の根」だった。

 

「なぜ動かない植物をロボットに?」という疑問は的外れ。植物は動物とは別の原理でちゃんと動いているのだ。
人間が思っている以上に賢く、したたかに生きている植物。バイオロボット工学者がその叡智を学び、驚嘆しながら斬新なロボットを生み出していく。

 

生物学とテクノロジーのコラボから、どんなロボットが生み出されるのか? 自然の観察から環境に優しい持続可能なテクノロジーは開発できるのだろうか? サイエンスの驚きと楽しさに溢れた科学ノンフィクション。

目次

はじめに 避けられないこと

1 すべてが始まった場所

2 新たな時代のロボット工学

3 インスピレーションを探し求める科学者たち

4 自然の実験室

5 進化の謎に挑む動物ロボット

6 私たちに似た機械

7 植物は隣にいるエイリアン

8 ロボット学者、偏見の壁にぶつかる

9 見えない運動

10 プラントイド ある革命の歴史

11 植物の知能

12 水の力

13 よじのぼる植物ロボットを目指して

おわりに 点と点をつなげる

著者紹介

バルバラ・マッツォライ

マイクロシステム工学の博士号をもつ生物学者。イタリア技術研究所(IIT)のマイクロバイオロボティクスセンターのディレクター。
2015年、ロボット研究者が集う最大の国際科学コミュニティ〈Robohub〉で「ロボット業界で知っておくべき25人の女性」の一人に選出されたほか、数々の賞を受賞。
植物の根に着想を得た世界初のロボット〈プラントイド〉を開発。現在、つる植物を持続可能なインテリジェントテクノロジーに変換しようと取り組んでいる。

翻訳者紹介

久保耕司

翻訳家。北海道大学卒業。
訳書にマンクーゾ『植物は〈未来〉を知っている』『植物は〈知性〉をもっている』(NHK 出版)、ザッケローニ『ザッケローニの哲学』(PHP 研究所)、トナーニ『モンド9』、マサーリ『世の終わりの真珠』(以上シーライト・パブリッシング)、パラッキーニ『プラダ 選ばれる理由』(実業之日本社)など多数。

書評情報

朝日新聞 2021年8月28日 評者 須藤靖さん(東京大学教授)

関連書籍