白揚社トップ > 書籍案内 > コンピューターは人のように話せるか?

近刊

定価 本体 2700円(税別)
四六判 上製 ・344ページ
2020年 10月 刊
ISBNコード:978-4-8269-0221-2
分類コード:C0040
在庫状況:品切
Now You're Talking by Trevor Cox

コンピューターは人のように話せるか? 話すこと・聞くことの科学

トレヴァー・コックス 著 田沢恭子 訳

人間の会話は超弩級の離れ業だった!

 

マシンやスマホと会話する時代がやってきた。だが人間には簡単でも、会話は実はとてつもなく高度な技。コンピューターは人間と同じように話せるようになるのだろうか?

 

音の科学の第一人者が、声の進化から人工知能による会話まで、科学・社会・文化・政治などあらゆる角度から「話すこと」と「聞くこと」の奥深い世界を探っていく。

 

ネアンデルタール人の声、声だけで人物像を当てるテスト、テクノロジーが変えた人間の声、聞き耳を立てるコンピューター、嘘を見破れない嘘発見器など、多彩なエピソードから会話の本質を読み解く画期的な〈声の本〉。

 

「太古の人類が初めて口にしたうめき声から、滑らかにしゃべるアレクサやSiriまで、軽快で知的で説得力のある〈話すこと〉の歴史」――タイムズ紙

「話すことの本質と、テクノロジーが人間の話し方と聞き方を変えた(現在も変えつつある)方法について探る極上の1冊」――E&Tマガジン

目次

1 進化

2 声の三つの時代

3 私の声は私

4 声のカリスマ性

6 ロボットは役者にすぎない

7 コンピューターの耳にご用心

8 コンピューターのラブレター

著者紹介

トレヴァー・コックス

イギリス・マンチェスターにあるソルフォード大学の音響工学教授。

英国音響学会より2004年にティンダル・メダル、2009年に音響工学の普及貢献賞を受賞。BBCラジオやディスカバリーチャンネルなどのテレビ番組にも数多く出演し、音響について一般向けにわかりやすく解説している。前著『世界の不思議な音』で米国音響学会のサイエンスライティング賞を受賞。

翻訳者紹介

田沢恭子

翻訳家。お茶の水女子大学大学院人文科学研究科英文学専攻修士課
程修了。訳書に『アルゴリズム思考術』『重力波は歌う』『ダーウィ
ンの覗き穴』(以上、早川書房)、『バッテリーウォーズ』(日経BP
社)、『幸せに気づく世界のことば』(フィルムアート社)、『賢く決
めるリスク思考』(インターシフト)、『世界の不思議な音』『戦争が
つくった現代の食卓』(白揚社)ほか多数。

関連書籍